外遊びの大切さを実感

最近、外遊びをしている子供が少ないのかなっと感じます。

外遊びは体力もつくし、転んだりすることで学べることも増えるかなと思い子供には、なるべく外遊びさせるように心がけています。子供のうちから外でたくさん運動することは身体をしっかりと成長させて身長を伸ばす上でも重要だと、子供の身長を伸ばすサイトにも書いていました。

その中でも、砂場遊びがいいなと思いました。特に、砂場のあるところへ連れていったりしなくても、バケツとスコップを持って辺りを散歩していれば、公園など少しの砂がある場所は発見できます。

砂があれば、遊びの開始です!

スコップの貸し借りの中で、取りあいになることも多々あります。そんな中で、貸してあげる思いやりや貸してもらった『ありがとう』っという感謝の気持ちを学べるのではと思います。

また、砂をたくさんバケツの中へ集めてひっくり返し、ケーキなどを作って遊ぶのもいいかなと思います。土台ができたら、辺りにある葉っぱや花を探して飾りつけをしていきます。

これはいちごで、これはメロンでと自分で考えながら取ってきます。

そしてできたら、どうぞっと言って食べさせてくれます。想像しながら作る楽しさや誰かに食べさせてあげようと思う相手を思う気持ちが学べる気がします。

それって当たり前ではないのか?っと思われる方も多いかもしれませんが、最近は自分の持っているものは自分のもの。自分が作ったものは自分ひとりで。と、相手に対する優しい気持ちや思いやりのある子供は少なくなってきているのかなと思います。

どこへ出かけても、小さな子供が親のスマホでYouTubeなどを観ている光景をよく目にします。

それはそれでいいかもしれませんが、ぜひ晴れている日などには子供と散歩しながら砂遊びしてみてください。意外に、子供の成長に驚いたりすることもありますよ。

そして、なにより親子の会話が増えます。会話が増えることにより、子供の笑う回数が増えます。何よりも、子供の笑顔が親は幸せなものです。

コミュニケーションをとるということでも、外遊び大切だなと日々感じます。ぜひ、外遊びして子供さんと楽しんでみてください。

愛情のコップをあふれさせる

アレルギーは自分の身体の中にアレルギー原因物質が入るコップがあって、それがあふれると症状が出るという説を聞いたことがあります。子供に対する愛情も同じような感じなんじゃないかな、と最近思います。

子供それぞれでコップの大きさは違いますが、親や周囲の人からの愛情を入れるコップをみんなが持っているのではないでしょうか。そしてそのコップがあふれると、子供は親を離れて自立していくのではないのでしょうか。

だから、早く自分の手を離れてほしいと思って自立を促しても、愛情のコップがいっぱいになっていなければそれは本当の自立じゃないのかもしれません。親に言われて仕方なく自立した風になっているだけで、もしかしたら他のところに問題行動となってあらわれたり、将来的に問題が起きてくるような気がします。

別に愛情といってもそれは人それぞれなので、みんながみんな抱きしめてチュッチュッチュッチュしてあげる必要はないと思うんです。私は娘がいますが、そういったわかりやすい愛情表現というには非常に苦手で、ほとんどしたことがありません。

ママ友たちを見ていると、こういった行為が本当に自然にできる人がいます。外国人なんじゃないの?と思うくらいです。自分には絶対に真似できません。

そのかわり私がしているのは、バッグやシュシュなどちょっとした小物などを手作りしてあげたり、ご飯を作るときにリクエストを聞いたり、休みの日のお出かけはしたいと言うことに最大限にこたえたり、学校の行事などは何が何でも出席するということです。

娘は「どうせお母さんは抱っことかするの苦手でしょ」と理解を示してくれています。我慢させているのかな、とも思いますが、「まあ、そういう人もいるよね」とクールに言葉を続けます。こっちが思っている以上に大人です。

どんな形でもいいと思うんです。子供が小さいうちはとにかくコップをいっぱいにすることを目指す。今は大変でもそのことが逆に早く自立してくれる近道になるのではないかと私は信じています。

なかなか入れない保育園…

昨今、もう恒例ニュースといっていい程、待機児童問題をよく耳にします。
今は働くママが当たり前の時代。そんな時代に、国政がついてこれてないような印象を受けてます。

私の息子達は高校生ですが、息子達が幼い頃から既に待機児童問題はありました。15年前です。

当時の私は再就職し、正社員として働きだしました。当時長男3歳、次男1歳。市役所の職員からは、長男は入れるけど次男は空きがないから、申請して順番待ちになると言われました。
幸い、正社員が一番優先順位が高いとの事で私はすぐに入れるだろうと思ってました。
ですが、2ヶ月経っても連絡なし。
その間、無認可の保育所に預けていました。保育料は、月給の半分。場所も自宅や会社からは正反対の方向。当時は車の免許もなく、電車で送り迎えの日々。
朝早く出て帰宅は夜。何もかもが神経を磨り減らしの毎日でした。

見かねた上司が、毎日のように市役所に電話してくれました。その甲斐あって申請4ヶ月でやっと入園が決定。
それでも早い方だと言われ、驚いたのを覚えています。

今は当時よりも深刻ですよね。ですが、それ故の対策もあります。
幼稚園の延長保育や、保育園の一時保育などです。
これらの制度は、毎日働くママや週に数日働くママにも凄く活用しやすいのではと思います!
周りでも、春休みや夏休みなどに一時保育を使うママをよく聞きます。
上手く活用すれば、金銭的にもありがたい制度ですよね。
是非役所に聞いてみて欲しいと思います。

当時の私にはそんな知識もなく、ひたすら仕事と子供に追われる日々でした。今思うと、もっと色々と調べて活用しておけば、多少精神的に余裕が出来たのではないかと感じてます。
今となっては息子達と笑い話ですが、当時は本当に必死でした。

もしかしたら私みたいに仕事と子供に追われながら、日々過ごしてるママがいるんじゃないかと思いました。
そんなママ達が、少しでも余裕ある毎日を過ごしてくれればと思っています。

そして、子供達と素敵な時間を共有して欲しいと思ってます!

入園準備って思ってたより大変

さて、もうすぐ子供の幼稚園入園式です。

入園が決まって説明会に参加した時はまだまだ先だと思っていたのですが

その後歯医者で虫歯が発覚して
虫歯治療に通ったり、インフルエンザにかかったり、

そして私も風邪をひいてしまったりして(何故かインフル陰性でした)

気づいたら…明後日じゃん!
と思わず慌ててしまいました。

とは言いいつつ、
必要なものは揃えてあってあとは名前を書くだけだったので

家族総出で必要なもののチェックと名前を書く作業をしました。

名前を書いてばかりも面倒なのでネットで子供の名前を入力したら
シールにしてくれるサービスを見つけたのでそれを利用することにしました。

テプラを購入しようと思ったのですが文字を打つ作業時間を節約したいし
カワイイデザインが多くあったシールを選択しました。

さて、入園準備のチェック作業では
「もうモノは揃ってるから
すぐに終わるだろう」と自信満々でしたが
いざ確認作業をしているとオムツを捨てる用と汚した着替えを入れるビニール袋の他に
予備のビニール袋があと30枚必要なことが分かりまして、

そんなの説明会で
先生言ってなかったよ〜と半泣きになりながら
夫にビニール袋一枚一枚に名前を書かせました(笑)

そして、内履き用のズックに
マジックで名前を書いたら
にじみが酷くて名前が分からなくなってしまいました。

で、にじまない部分に名前を書いたのだけど生地が白いから
目立つのなんのでして。

ズック高かったのに〜。
と嘆いて泣く泣く安いズックを買いに行くことになりました…

そして名前シールもいざ貼ってみると
文字が思っていたより小さくて
意外と見えづらく、
でも今更なのでってことで
半分ヤケクソになりながら
黙々とシール貼り作業をしていました。

二時間後、ようやく作業が終了しました。

自分が予想していたより
かなーり時間がかかってしまいましたね。

まるで夏休みが終わるギリギリに宿題をやるような、
そんな気分でした(笑)

どんなに早くに準備していても
ギリギリになって気づくことがあり、
幼稚園に入園したらこんなことが多々あるかもしれないので
これを教訓に準備は入念にやろうと思ったのでした〜。

今となっては、幼児の時の方が楽しかったかな

総じて子育ては、大変です。
新生児から1歳頃の子育てのことを思い返すと
今でも、ゾッとします。

特に二人目の時は、夜泣きもひどく
母乳しか飲んでくれなかったので
他の人にお願いもできずに「もう、限界だ」と思ったことが多々ありました。

手のかかる乳児を抱えながら、上の子の面倒もみて
家事もしてと、正直もうあのような生活は送りたくありません。
その当時は、子どもを虐待する親の気持ちがわかる気がするな
と、感じるほど病んでいました。

ですが、どうにかこうにかその辛い時期を乗り越え
次に待っていたのは、私としては一番楽しく感じられた幼児期です。

動きも活発になり、目が離せないことには変わりないのですが
お話もできるようになり、子どもが何を望んでいるのかもわかり
やっと子どもとコミュニケーションがとれるようになったと感じました。

ご飯を食べるのに時間がかかったり、テーブル上に上がったりと
イラッとすることもあるのですが
私が言葉や手を掛けることで、子どももそれなりの反応をしてくれます。

新生児の頃は、赤ちゃんも母親の声を聴いているのかもしれませんが
何をやっても泣き止んでくれなかったり
寝てくれなかったり、忍耐でしか対応できないことが多かったので
辛く感じたのかもしれません。

今、子どもたちも中学生と高校生になり
勉強のことや言葉使いのこと等で、時々ぶつかることもありますが
手がかかるということはありません。

それぞれに自分の好きなことを見つけ
親といるよりもお友達をいる時の方が楽しいという時期に入ってきました。

私自身もそうだったので、それが寂しいということはなく
普通に育っているなと思います。

でも、時々一緒に公園で遊んでいた頃を懐かしく思う時もあります。
もう、あの頃には戻れないだなとふと思う時があります。

今は親の出番は減ってしまいましたが
子育てに卒業はなく、自分が生きている間は
ずっと子どものことが気がかりで
もっと大人になっても、口出し・手出しをしそうな気がします。

大変なことの方が多い子育てですが
子ども達のいない生活は、考えられず
子ども達と巡り合えたことに感謝しています。

子供への絵本の読み聞かせと、ドリルを続けるコツ

私は川崎市在住の39才会社員をしています。妻と、5才と3才になる息子と一緒に住んでいます。

幼児教育の基本は、2つあり、①絵本の読み聞かせと、②ドリルであると考えています。

絵本の読み聞かせをするべきであることは、多く知られていますが、絵本は1冊1,000円以上する場合が多く高額です。

同じ絵本を何度も読むことは、大人が苦痛になり、続けることが困難であると思っています。

そのため、私は、図書館を利用することをお勧めします。
川崎市の図書館は、会員登録すると、Web予約が出来ます。

そのため、最新の本についても、Web予約にて貸出しが出来ます。川崎市の図書館では、人気のある絵本は何冊も準備されており、充実しています。

私は、会社の昼休みに、図書館へ行き、絵本を返して、借りるという事を繰り返しています。1週間で10冊は借りていると思います。

そのおかげで、妻も私も絵本の読み聞かせが楽しくなり、毎日必ず寝る前に読み聞かせをしています。

ドリルについても多くの方がチャレンジしているのではと思います。しかし、子供によっては、なかなか集中力が持たず、やる意味が分からないので、やってくれないことが多いと思います。

私の家では、できたら褒めてあげたり、遊び感覚で一緒にドリルをやることで、少しやってくれたのですが、長続きしませんでした。

そのため、ドリルを1ページ出来たら、一緒に遊んであげるというご褒美制度にしました。一緒に遊んであげる内容は、ベイブレードだったり、絵本を読んであげたり、肩車だったり、子供が望むものであれば、何でも良いと思います。

また、ドリルも表彰状つきのものが良いと思います。ドリルが終わったら、表彰状を、オリンピックの金メダル授与のように、大げさに渡してあげます。

それにより、表彰状を集めるという楽しみが生まれて、モチベーションが上がったようです。

その結果、5才の息子は、小学生入学前までのドリルを全て終わらせることが出来ました。

幼児教育に興味のある皆さんもマネしてみてはどうでしょうか。