入園準備って思ってたより大変

さて、もうすぐ子供の幼稚園入園式です。

入園が決まって説明会に参加した時はまだまだ先だと思っていたのですが

その後歯医者で虫歯が発覚して
虫歯治療に通ったり、インフルエンザにかかったり、

そして私も風邪をひいてしまったりして(何故かインフル陰性でした)

気づいたら…明後日じゃん!
と思わず慌ててしまいました。

とは言いいつつ、
必要なものは揃えてあってあとは名前を書くだけだったので

家族総出で必要なもののチェックと名前を書く作業をしました。

名前を書いてばかりも面倒なのでネットで子供の名前を入力したら
シールにしてくれるサービスを見つけたのでそれを利用することにしました。

テプラを購入しようと思ったのですが文字を打つ作業時間を節約したいし
カワイイデザインが多くあったシールを選択しました。

さて、入園準備のチェック作業では
「もうモノは揃ってるから
すぐに終わるだろう」と自信満々でしたが
いざ確認作業をしているとオムツを捨てる用と汚した着替えを入れるビニール袋の他に
予備のビニール袋があと30枚必要なことが分かりまして、

そんなの説明会で
先生言ってなかったよ〜と半泣きになりながら
夫にビニール袋一枚一枚に名前を書かせました(笑)

そして、内履き用のズックに
マジックで名前を書いたら
にじみが酷くて名前が分からなくなってしまいました。

で、にじまない部分に名前を書いたのだけど生地が白いから
目立つのなんのでして。

ズック高かったのに〜。
と嘆いて泣く泣く安いズックを買いに行くことになりました…

そして名前シールもいざ貼ってみると
文字が思っていたより小さくて
意外と見えづらく、
でも今更なのでってことで
半分ヤケクソになりながら
黙々とシール貼り作業をしていました。

二時間後、ようやく作業が終了しました。

自分が予想していたより
かなーり時間がかかってしまいましたね。

まるで夏休みが終わるギリギリに宿題をやるような、
そんな気分でした(笑)

どんなに早くに準備していても
ギリギリになって気づくことがあり、
幼稚園に入園したらこんなことが多々あるかもしれないので
これを教訓に準備は入念にやろうと思ったのでした〜。

今となっては、幼児の時の方が楽しかったかな

総じて子育ては、大変です。
新生児から1歳頃の子育てのことを思い返すと
今でも、ゾッとします。

特に二人目の時は、夜泣きもひどく
母乳しか飲んでくれなかったので
他の人にお願いもできずに「もう、限界だ」と思ったことが多々ありました。

手のかかる乳児を抱えながら、上の子の面倒もみて
家事もしてと、正直もうあのような生活は送りたくありません。
その当時は、子どもを虐待する親の気持ちがわかる気がするな
と、感じるほど病んでいました。

ですが、どうにかこうにかその辛い時期を乗り越え
次に待っていたのは、私としては一番楽しく感じられた幼児期です。

動きも活発になり、目が離せないことには変わりないのですが
お話もできるようになり、子どもが何を望んでいるのかもわかり
やっと子どもとコミュニケーションがとれるようになったと感じました。

ご飯を食べるのに時間がかかったり、テーブル上に上がったりと
イラッとすることもあるのですが
私が言葉や手を掛けることで、子どももそれなりの反応をしてくれます。

新生児の頃は、赤ちゃんも母親の声を聴いているのかもしれませんが
何をやっても泣き止んでくれなかったり
寝てくれなかったり、忍耐でしか対応できないことが多かったので
辛く感じたのかもしれません。

今、子どもたちも中学生と高校生になり
勉強のことや言葉使いのこと等で、時々ぶつかることもありますが
手がかかるということはありません。

それぞれに自分の好きなことを見つけ
親といるよりもお友達をいる時の方が楽しいという時期に入ってきました。

私自身もそうだったので、それが寂しいということはなく
普通に育っているなと思います。

でも、時々一緒に公園で遊んでいた頃を懐かしく思う時もあります。
もう、あの頃には戻れないだなとふと思う時があります。

今は親の出番は減ってしまいましたが
子育てに卒業はなく、自分が生きている間は
ずっと子どものことが気がかりで
もっと大人になっても、口出し・手出しをしそうな気がします。

大変なことの方が多い子育てですが
子ども達のいない生活は、考えられず
子ども達と巡り合えたことに感謝しています。